メンタルが弱い人の特徴とは?改善方法及びメンタルの鍛え方を紹介します

Sponsored Link




メンタル

日本では精神とほぼ同様の使われ方をされる。

スポーツなどではメンタルの強化も上達の重要な要素とされており、練習時のパフォーマンスをどれだけ本番で出せるか、いかにプレッシャーを跳ね返すかなども大きく成績に関わってくる。そのために行われる訓練をメンタルトレーニングと呼ぶが、その内容は指導者により千差万別であり、統一された理論があるわけではない。寺などでの精神修養もメンタルトレーニングである。

https://dic.nicovideo.jp/

あなたはメンタルが強い人とメンタルが弱い人のどっちになりたいと思いますか?

ほとんどの人がメンタルが強くなりたいと思っているはずです。

しかし、上記の説明文にもあるように、これをすれば絶対に強くなる!!といったテンプレのようなものは存在しません。

ただ、メンタルの弱い人にはある特徴が見られるのです。そして自分に当てはまっている特徴を理解して改善することで、メンタルが鍛えられる可能性は非常に高いと言えます。

そこで今回は、メンタルの弱い人に多く見られる特徴及び、その直し方・メンタルの鍛え方 を紹介していこうと思います。

 

自分に自身が持てない

メンタルが弱い人は自分に自信が無い人が多いです。

例えば、面接で『どうせ自分は落ちるんだ 』とネガティブなイメージしか持てずに本来のパフォーマンスを発揮できなったり、せっかく仕事をふられたのに『自分では相手の理想とする成果を残せない 』と思い込んで他人に回してしまうなど。

また、元々自分に自身があった人でも、「上司にひどく怒られる」、「客からクレームを受ける」などの状況が原因で自身を持てなくなるケースもあります。

 

☆対処法

根拠はなくても自信を持つようにしましょう。

世の中の成功している人のほとんどは自分に自身を持っています。

それが成功するかどうかを考えているのではなく『絶対に成功させるんだ』という確固たる自信があるんですね。

もちろん失敗することもありますが、ポジティブな考えでいる人の方が成功率は確実に高いはずです。

 

他人と比べてしまう

自信が無い人は直ぐに他人と比べてしまう傾向がみられます。

自分が出来ない事を他の人が当然のように出来ている所を見て『自分には才能がないんだな。。 』と落ち込んでしまうんですね。

比べた後に、なぜ自分は出来ないのかという考え方をできる人なら別に何も問題はありません。

比較してそのまま何もしないのが一番良くないのです。

 

☆対処法

直ぐに他人と比べてしまう癖を止めよう。

メンタルが強くなりたいと思っている人は、他人と比べてしまう癖をなくしましょう。

自分が優れていると思っていても世の中には上には上がいます。

もちろんトップを目指したいという人は志を高くして自分と他人を比べるのはOKです。

ただ、やることなすこと全てを他人と比べてしまうと返って自分を悲観してしまうことが多くなります。

自分は自分、他人は他人と割り切って様々なことに挑戦していくのが一番です。

 

人前でまともに話すことが出来ない

メンタルの弱い人は人前に立つと酷く緊張してしまい、まともに声を出すことができません。

普段は大きな声の人でも『失敗したらどうしよう 』、『噛んだらどうしよう 』などと頭の中が不安でいっぱいになって本来の力を出し切れないのです。

学生時代であれば、授業中での発表やスピーチ。仕事現場であれば会議やプレゼンなど、人前で話す機会は多くあります。

まあ、この「人前で話すこと」に関しては数をこなして慣れるしか方法はありません。人前でも大きな声でペラペラと話せる人のほとんどが場数をこなしています。

 

☆対処法

目をキョロキョロさせずに一点を見て話す。

緊張している時って、傍聴者の顔が怒った表情に見えてしまうものなんです。(集中していると自然と眉間にシワが寄るため)

なので、スピーチが始まる前に知り合いや顔の優しそうな人を一人選んでおきましょう。

スピーチが始まったらその人の方向を見て話すことで、1対1で話せているような感覚になります。(あくまで自分の経験です)

また、カンペを見る事が出来る場面であっても、セリフを事前に目を通しておくことでスムーズ話をすることが出来ますよ。

 

失敗を引きずってしまう

メンタルの弱い人は失敗を引きずってしまうことが多いです。

この世に全てが完璧な人間はいないのですから、誰にだって失敗の1つや2つはあります。

それなのに、メンタルの弱い人は1度失敗しただけで『もう自分はダメなんだ 』と考えてしまんですね。

しかも、その失敗をいつまでも引きずってしまうことで、その後の挑戦でも自身が無くなって失敗が続いてしまうのです。

 

☆対処法

失敗は誰にでもあるものだと自分に言い聞かせましょう。

数多くの挑戦の中で1度や2度の失敗はあるものだと念頭に置いておくことで、気持ちの持ちようが全然変わってきます。

また、逆にこの失敗は今後の自分の糧となるとプラスに捉える事が出来れば、必然的にメンタルは強くなっていきます。

もちろん、毎回失敗してOKと思っていたらダメですよ(笑)。

 

自分で決断することができない

メンタルが弱い人は、何でもかんでも他人に判断をゆだねてしまいます。

もちろん、自分に似合っているかどうかなどを友人や家族に尋ねるのは悪い事ではありません。

ただ、「相手に良いと言われた服を購入してみたものの、着てみたら全然似合わなかった」という状況は少なからずあるでしょう。

自分が判断を委ねたんだから仕方が無い。割り切れる人は良いのですが、「○○さんが良いって言ったから買ったのに!」なんて言ってしまったら最悪ですよね。

 

☆対処法

全ての助言を鵜呑みにするのは止め、他人から得た情報はしっかりと取捨選択しよう。

好みは人それぞれなので、全ての助言を鵜呑みにしてしまうと返って不利益を被ることがあります。

今回は服に関しての具体例を挙げましたが、投資や金融商品の購入などの判断を他人に任せるのは危険です。

もちろん、自分にその分野の知識が無ければ他人に聞くべきなのですが、1人だけに相談するのは止めましょう。

病院でもセカンドオピニオンというものがありますよね。重要なことは複数人に聞いて情報を取捨選択できるようになりましょう。

 

メンタルに関しての本は数多くあります

その中でも自分が読んでみて良かったと思う本をいくつか列挙しておきます。

本屋さんで一度読んでみるなりして、自分に合ったメンタル強化法を見つけてくださいね。

 

created by Rinker
¥1,404 (2019/08/22 14:03:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
KADOKAWA
¥1,512 (2019/08/22 14:03:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です