遺伝はあまり関係ない!太りやすい人にはある特徴があった

Sponsored Link




肥満

本人のダイエットに対する意識であったり、遺伝が関係していたりと、太ってしまうのには様々な要因があります。

しかし、実際問題、本人の生活習慣の乱れが原因となって肥満になる場合が多いです。

食事量を見てもらえればわかると思いますが、アメリカ人に肥満が多いのは遺伝というよりも、ほとんどの場合が食べすぎによる肥満です。

そこで今回は、太りやすい人の特徴 をいくつか紹介していこうと思います。

 

睡眠不足が続いている

これは意外かもしれませんが、睡眠不足の人は太りやすい体質になります。

食欲に関係する『グレリン』と『レプチン』というホルモンがあるのですが、この2つのホルモンは睡眠時間と深く関係があります。

2つのホルモンの作用

グレリン=食欲を調整する機能があり、多く分泌されれば食欲が増進される

レプチン=体脂肪が増えると増大するとされ、満腹中枢に働きかけて食欲を抑制する

つまり、グレリンの分泌量が少なく、レプチンの分泌量が多ければ、食欲が抑えられるため、ダイエットに適する状況だと言えます。

しかし、レプチンは睡眠時間が短くなれば多く分泌され、グレリンは逆に分泌量が少なくなるのです。

という事は、毎日睡眠不足の状況が続いている人は、無意識に食欲が止まらない太りやすい体質となってしまっているのです。

 

加工食品を食べすぎている

日本は加工食品を製造する技術は世界でもトップレベルです。

しかし、技術が高いがゆえに、多くに日本人が加工された食事ばかり食べている状況が続いてしまっています。

加工食品というのは、砂糖・脂肪・塩 を丁度良いバランスで配合することによって、食品をさらに美味しく、人間の食欲が増大するように工夫されています。

美味しく食べれる事は良いのですが、とにかく中毒性が高いため、ついつい何個もほおばってしまう状況となりえないのです。

また、加工前の食材に砂糖・脂肪・塩というさらに太りやすいものを追加しているため、加工食品を多く摂取していると太りやすくなるのは当然のことですよね。

 

夜遅くに食事を摂っている

太りやすい人は夜遅くに食事を摂る傾向にあります。

夜に食事を摂ると太りやすくなる原因はいくつかあるのですが、特に重要なのが自律神経の働きです。

自律神経は『交感神経』と『副交感神経』の2つの総称の事を指します。

主な働き

交感神経=興奮作用(代謝の促進)があり、体を動かしている時に優位に働く。

副交感神経=リラックス効果があり、食事中や睡眠中に有利に働く。

2つの働きを見てもらえればわかると思いますが、夜は朝や昼よりも行動が少なくなるため、交感神経よりも副交感神経が優位に働きやすくなります。

副交感神経が優位に働くという事は、代謝の促進が抑えられ、食事を摂っても体に溜まりやすい状態となってしまうのです。

 

普段、あまり階段を使わない

忙しい時であれば、エスカレーターエレベータを利用するのは当然の事だと思います。

しかし、時間に余裕があるのに歩くのが面倒くさいと感じ、常にエスカレーターやエレベータを使っている人は危険です。

太りやすくなる理由は簡単ですよね。そう、運動不足です。普段からウォーキングやランニングをしたり、ジムに通っている人などは別に気にしなくてもよいでしょう。

しかし、トレーニングもせずに、毎日の通勤や通学で階段を避けていると、どうしても運動不足となってしまいます。

皆さんが思っている以上に階段の上り下りは身体に負荷がかかりますし、平坦な道を歩くよりも消費カロリーが高いです。

塵も積もれば山となるといったことわざがあるように、毎日の消費カロリーの差が、皆さんの体型に出てきてしまいますよ。

 

ストレスを溜め込んでいる

ストレスを溜め込んでしまうと太る確率が高くなります。

1つの理由としては『ドカ食い』です。イライラした時に脂っこいものや甘い物を食べたくなる時ってありませんか?

ストレスが溜まることによって脳の一部が興奮します。すると、それを抑えるためにドーパミンという物質が多く分泌されるようになります。

ドーパミンは食欲を増大させる働きがあるため、どうしてもイライラした時は何か食べ物を口に入れたくなるのです。

また、ストレスが溜まると『コレチゾール』と呼ばれるホルモンが大量に分泌されるのですが、これは主に血糖値の上昇に繋がります。

そこで体は血糖値を一定に保とうとインスリンという物質を多く分泌します。

このインスリンは脂肪を溜め込み、脂肪の分解を抑制する作用あるため、太りやすい体になっていますのです。

 

Amazonのレビューでも高評価!おすすめの人気ストレス解消グッズを紹介します!

 

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です