とりあえずこれだけは知っておいて!鼻血を早急に止めるためにするべき対処法

Sponsored Link




鼻血

自分もよく悩まされている鼻血。

よくアニメとかではエッチな本を読んで鼻血を流しているシーンがありますが現実は違います(多分。。

もちろん鼻をほじったりしていると出るのは当たり前のことですが、何もしていない時に出てくる時もあります。

それが家ならいいんです。特に焦ることもなくティッシュで押さえておけばいいワケですからね。

ただ、外出中に鼻血が止まらなくなるとたいへんです。

特に電車に乗っている時に出てしまうと早く止めないと恥ずかしい!(以前に体験して酷い有様になりました。。)

そこで、鼻血が出た時にやってほしい対処法をご紹介します。

なぜ鼻血が出るのか?

鼻の中には様々な血管が張り巡らされています。

その中でも毛細血管が集まっているキーゼルバッハ部位という箇所が存在します。

そのキーゼルバッハ部位は血管の表面が保護されておらず、刺激に弱いという性質があるのです。

鼻血の90%はこの部位が傷つくことによって起こっていると言われています。

また、何もしていないのによく鼻血が出る人は、ストレスが主な原因と考えられます。

ストレスが溜まってしまうと、脳が過剰なアドレナリンを分泌しようとします。

それを防ぐために活躍するのがビタミンC

このビタミンCを大量に消費することで、ビタミンC不足となってしまって鼻血が出やすくなるのです。

 

間違った対処法

上を向く

そして顔を上に向ける。。という人が多くいますが、これは間違った対処法です。

鼻血が出ている時に上を向いてしまうと、血が喉に逆流してしまうからです。

血は一か所に集まることで固まりますので、逆流してしまうと一向に固まらずに中々止まりません。

また、仰向けになって寝るのも同じく喉に血が流れてしまうのでNGです。

首の後ろを叩く

ネット上で鼻血の治し方を調べると、たまに首の後ろを叩くのがよいと書かれていることがあります。

ただ、実際には首の後ろを叩くことは全く効果がありません。

よく考えたらわかることですが、鼻に異常が出ているのに首を叩いても効果があるわけないですよね?

もちろんそこに鼻血が止まるようなツボがあるなら別ですが。。そんなのないです。

また、強く叩くことで頭が揺さぶられて余計に鼻血が出る状況になってしまう恐れもあるのです。

鼻にティッシュを詰める

これは鼻血が出た時にする行動の王道的な対処法ではないでしょうか。

自分も以前まで鼻血が出たらすぐにティッシュを詰めて放置を繰り返していました。

確かにティッシュを詰めて時間が経つだけで鼻血が止まってしまうので、一見最適な方法かと思われます。

ティッシュが血に張り付いてしまい、外した時にせっかくできたかさぶたが一緒に取れてしまうおそれがあります。

また、感染症にかかってしまうおそれもあるので、なるべく避けるようにしてくださいね。

正しい対処法

鼻の付け根をつまむ

まず試してほしいのが鼻の付け根をつまむこと。

ティッシュで鼻の穴らへんを抑えておきましょう。

そしてとにかくジッとすること。体をあまり動かすと頭が揺れて鼻血が飛び出してしまいます。

そして10分から15分くらいはその状態で我慢するようにしてください。

キーゼルバッハ部位は一度傷つくと治りにくいので、止まったと思って安心していたら再び噴き出してくることも。

下を向く

先ほど鼻血を止めるのに上を向いてはダメといいましたよね。

じゃあどこを向いておくのが正解かといいますと、下を向くことなんですね。

そんなことしたら鼻血が出てくるじゃないか!と思う方は当然いるはずです。

ただ、のどに出来るだけ流れないようにするためには下を向くのが一番効率が良いのです。

早く止めるためにティッシュで鼻の穴を抑えながら下を向くようにしてくださいね。

とにかく冷静になる

鼻血が突然出てしまうと気持ちが焦ってしまいますよね。

ただ、人は興奮状態になると血圧が上がってしまってさらに血が多く出やすくなってしまいます。

ヤバい止めなきゃ!と考えてしまうのが普通なんですが、そんなときほど冷静になりましょう。

心の乱れを落ち着かせるために軽く深呼吸するのも効果的ですよ。

 

まとめ

 

今回は鼻血を止めるための方法や間違った方法を紹介しました。

ただ、おのおので考え方が違うと思いますので、別にこの対処法が絶対だ!ということはありません。

しかし、今回紹介した正しい対処法が非常に効率的であり安全な方法です。

なるべく早く鼻血を止めたいと考えている方は是非参考にするようにしてくださいね。

 

 

 

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です