遺伝?それとも食べ方の問題?『猫舌』の原因と治し方

Sponsored Link




 

ワラビー
外食に行っても、熱い料理が出るとしばらく待たないと食べれない…

猫舌の人はこういった悩みを抱えていると思います。

自分も長らく猫舌に悩まされ、どうしても周りの人より食べるペースが遅くなっていました。

しかし、ある方法を実践することで猫舌がその日に解消されたのです。

そこで今回は、猫舌になる理由と治し方を簡潔に紹介していきます。

 

猫舌とは

猫舌(ねこじた)とは、高温のものを飲食することが苦手とする偏食の形態である。猫が熱い食べ物を食べようとしないことになぞらえたものである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/

上記の説明の通り、猫舌は熱い食べ物や飲み物を苦手とする人の事を指します。

名前の由来は「猫が熱い物を嫌うため 」だそうです。

また、子供に熱いものを与えるのは厳禁ですが、常に冷ましたものを与えていると将来的に猫舌になりやすいとされています。

では、猫舌は何が原因でどうすれば治るのかを紐解いていきましょう。

 

猫舌は遺伝なのか?

まず、猫舌は『遺伝 』によるものだと思っている人が数多くいます。

しかし、あるチームが舌の組織を研究した結果、猫舌の人とそうでない人の構造に違いは見られませんでした。

確かに自分は猫舌ですが、家族のみんなは熱いものを平気で食べることが出来ています。

つまり、猫舌は遺伝ではなく『食べ方 』の違いによるものなのです。

 

猫舌の人は食べ方(舌の使い方)が悪い

電子レンジでお皿に乗せた料理や飲み物を入れたコップを温めたとしましょう。

どのくらい熱いか分からなかった時、チョンチョンと触って確かめますよね?

それと同じ原理で、猫舌の人は熱い物を口に入れる際、注意を払うように舌先を熱い箇所に当ててしまっているのです。

舌先はとても敏感な部位。どんな人でも熱いものが当たると必ず悶絶してしまいます。

逆に、舌の奥の方はあまり熱さを感じません。

猫舌でない人は無意識に舌先を避け、舌の奥に食べ物や飲み物を運んでいます。

つまり、、

猫舌の人=舌先で熱いものを触っている

猫舌でない人=舌の奥で熱いものを触っている

とても単純ですよね。猫舌か猫舌で無いかはたったこれだけ違いだったのです。

 

猫舌の治し方

猫舌は食べ方の問題ですので、どちらかと言えば治し方というより「対処法 」になりますね。

・舌先をなるべく熱い箇所につけないように、舌を少し引いて食べ物を食べる

意識することはたったこれだけ。簡単ですよね?

すると、今まで熱いものをまったく食べれなかったはずの人でも熱い物を食べれられるようになるでしょう。

ただし、、とんでもなく熱いものは当然ながら口に入れるとやけどします。

この対処法を過信し、熱すぎるものをまったく冷まさずに食べるようなことは絶対にしないでくださいね。

また、熱い物が平気な人は無意識に空気を含みながら上手に食べ物を舌の奥に持っていくことが出来ます。

先程のポイントよりも少し難易度が高いですが、口に食べ物を入れる際に少し空気を吸うように心がけてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

何度も言うように、猫舌は遺伝じゃなくその人自身の食べ方の問題です。

つまり、意識すれば簡単に治せますし、意識しなければ治ることはありません。

この記事を読まれた方は今日から意識して見ましょう(*´▽`*)

 

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です