朝食を抜くことによる『デメリット』をいくつか紹介します

Sponsored Link




朝食

どうもこんにちは、ワラビーです。

突然ですが、皆さんは朝食を毎日摂取していますか?

朝は忙しくて朝食を摂る時間がない…

ダイエット中だから朝は何も食べない…

上記のような理由で朝食を摂取しない人が数多くいると思います。

近頃、朝食を摂ることによるメリットを述べた本が多く出版されていますが、必ずしもメリットだけしかない訳ではありません。

今回は朝食を抜くことによる『デメリット』を少し紹介していこうと思います。

 

集中力の低下

体を動かすには大量のエネルギーが必要になってきます。その中でも脳を動かすために重要な栄養素が『糖分』です。

ご飯やパンは炭水化物ですので、当然糖分が豊富に含まれています。これらを摂取せずにいると脳が正常に働かない訳ですから、当然集中力も保てません。

また、朝食を抜くことで昼間に空腹が来ますよね。空腹の状態で食事を摂ると急激に血糖値が上がってしまいます。

血糖値が急激に上昇することで、それを抑えようとインスリンという物質が大量に分泌されます。

そして、インスリンの効果で血糖値が急降下し、集中力も同時に無くなってしまうのです。

・朝に食事を摂らないことで昼まで集中が出来ない

・空腹時に昼食をたくさん摂ることで血糖値のコントロールがうまくいかず、集中力が低下する

つまり、朝食を抜くことで朝も昼も集中力が無いという最悪な状況になってしまうのです。

 

痩せ体質になれない

朝食を抜いた方がダイエットに良いと考えている人が多いと思います。確かに摂取カロリーを抑えれる訳ですから、あながち間違ってはいません。

しかし、朝食をきちんと食べた方が痩せやすい体質 を作ることが出来るんです。

何故かと言いますと、空腹が続いてしまう事で、その後に摂取した食べ物が消化されにくくなります。

こういった状態が続くことで、身体はどんどん食べたものを溜め込むようになってしまい、結果、肥満体質になってしまいます。

また、朝食を摂ることで代謝が上がりやすくなります。起床時は体温が低くなるのですが、食事を摂取することで体温が上がって代謝が活性化されるのです。

代謝が高くなるという事は1日のカロリー消費量が多くなるという事なので、痩せ体質を作るには朝食をしっかりと摂取した方が良いのです。

 

便秘になりやすい

一見、関係の無いように思えますが、実は朝食を抜くことで便秘になりやすくなります。

前日に食べて排出されなかったものは起床時に腸の中に残っていますよね。は胃が活発に動くことで刺激され、正常に動き始めます。

しかし、朝食を抜いてしまうと胃への刺激が無くなってしまうため、腸がうまく働き始めないのです。

そうなってしまうと排便がスムーズにいかず、最終的に便秘になってしまいます。

また、食事を摂る時、同時に水分も一緒にとりますよね。この水分の量で便の硬さが大きく左右されます。

朝にまったく水分を摂らないとその後の排便の際に中々便が出てこず、かなり苦労することになります。

こういった状況にならないためにもしっかりと朝に食事を摂るようにしたいものですね。

 

とりあえず何か食べよう

 

時間が無くて朝食をとれないと考えている方は、素早く摂取できる食べ物の購入を検討しましょう。

 

SOYJOY

https://www.amazon.co.jp/

SOYJOYはコンビニでも売っていますので、寝坊して朝食を摂れなかったとしても、外出途中で購入できますよね。

また、そこまで大きくはないものの、非常に満足感があるため、一本で昼までやり過ごすことも可能です。

 

created by Rinker
ソイジョイ
¥1,111 (2019/08/22 14:50:11時点 Amazon調べ-詳細)

玄米フレーク

朝に多く時間がとれない方にはフレークがおすすめです。

牛乳をかけるだけで直ぐに出来上がりますし、硬く無いので時間をかけずに食事を終わらせることが出来ます。

また、牛乳にはカルシウムが多く含まれており、フレークは食物繊維やビタミン類が豊富ですので、朝食にピッタリの食べ物だと思います。

 

created by Rinker
ケロッグ
¥2,750 (2019/08/22 14:50:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ

今回は朝食を抜くことのデメリットをいくつか紹介しました。

朝食を「抜く、抜かない 」の論争は今でも起こっていますが、これだけのデメリットがあることを頭に入れておいてください。

自分は、例えテレビで朝食を抜いた方が良いと言われても、毎日朝食を摂り続けるつもりです。

 

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です