なぜ「鼻くそ」を食べてしまうの?身体への影響は大丈夫か

Sponsored Link




 

子供の頃、鼻をほじって両親から「止めなさい!」と注意された経験はありませんか?

私は小学校の高学年まで鼻をほじる癖が止められず、何度も直すように言われていました。

ただ鼻をほじるだけなら何も問題は無いのですが、中には鼻くそを食べてしまう人がいます。

なぜ、鼻に溜まったよく分からないものを食べてしまうのか??経験の無い方にはおそらく理解出来ないはずです。

 

なぜ鼻くそを食べてしまうのか?

おそらく、無意識に鼻くそを食べてしまう人は幼少期の頃から癖になっていると考えられます。

大人になってふと鼻くそが食べたくなった!!というのは少し想像出来ませんよね(^_^;)

鼻をほじってしまう理由は人それぞれであり、明確な答えは存在しません。

ただ、行動心理学の見地からは自制心の欠如教育不足が原因では無いのかと囁かれています。

親が鼻くそを食べているのを注意しない事で癖になってしまう子供もいますし、周りを真似て鼻をほじってしまうケースもあります。

また、鼻くそは少し「しょっぱい味」がするので、それを美味しく感じてついつい食べてしまう可能性も。。

 

 

鼻くそを食べて害は無い?

「〇くそ」というネーミングですから、食べ続けていると何らかの悪影響を及ぼしてしまいそうな感じもしますよね。

しかし、鼻くそは鼻水が固まって出来たものであり、そこに垢やほこりが少量こびりついているだけです。

垢を食べるのは良い行為とは言えませんが、少量であれば身体に異変をもたらす心配はまずありません。

海外の研究では、鼻くそを食べる事によって免疫改善効果が見受けられたというデータもあるらしいです(笑)

 

鼻血は出やすくなる

これはデメリットになるか分かりませんが、鼻の中を触り過ぎると鼻血が出やすくなります。

鼻にはキーゼルバッハ部位と呼ばれる毛細血管が集中した場所があり、そこを傷つけることで鼻血が出るようになっています。

自宅内であればティッシュ等で抑えておけばいいのですが、外出中に鼻をほじって血が止まらなくなると大変です。

癖なので簡単には治せないと思うので、最低限、外で鼻をほじるのは我慢したい所ですね。

 

社会人になるとクセを治さないといけない

先程も言った通り、鼻くそを食べても身体に悪影響を及ぼしませんし、他人に迷惑をかける行為でもありません。

しかし、いい年をした人が鼻くそを食べている姿を見かけたら少し引いてしまいますよね…

赤の他人であればスルー出来るのですが、友達や家族が食べていたら「癖を治してほしい」と切実に思うはずです。

どうしても止められないという方は一度カウンセリングを受けてみるのがいいかもしれません。

 

爪を定期的に切っておくといいかも?

爪が長いと鼻くそをいとも簡単にほじり出す事が出来てしまいますよね。

定期的に爪を切って短くしておく事で鼻くそを取るのに時間がかかり、面倒くさくなって癖が治る!なんて可能性も無きにしも非ずだと思います。

また、爪に苦い・臭い成分のマニキュアを塗っておく事で鼻をほじる行為を物理的に封じるのもいいかもしれませんね。

 

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です